多様な創意工夫で賢い暮らし。日常をもっと楽しくできる節約テクニック

家庭から廃棄されるゴミの再生&分別するなど、処理方法でも倹約出来る術があります。

実際には、ゴミ袋の消費を抑える手段として生ゴミ中の水気をしっかりなくす、畳める物をできる限り潰すなどを心掛けましょう。

一般ゴミの排出量が大きい所は、ムダな買い物をしたせいでしょう。
過剰包装の物や使い捨ての品物を沢山購入すると、それにつれて無用な品の割合もどんどん増えてしまいます。

購入する際に少々気をつける、それだけでもごみ専用袋の容積が圧縮出来ることでしょう。

節制の為に空調機器の使用をガマンしようと言う体験談があります。

そうは言っても、とりわけ暑苦しい夏の期間は高温障害防止策としても欠かせないアイテムでしょう。

使用する時には遮光カーテンで外気との断熱を図る等して、有効に使っていくようにしませんか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする